ブックメーカーやオンラインカジノの入出金に暗号資産がおすすめの理由

こんにちは!えーさまです。

今回はブックメーカーやオンラインカジノの入出金に暗号資産がおすすめの理由について解説していきます。

皆さんは、ブックメーカーやオンラインカジノに資金を入出金をするとき、困った経験はありませんか?

おそらく多くの方があるのではないかなと思います。

例えば、海外送金なので送金手数料が高いとか、為替手数料がかかるとか、着金までに時間がかかるとか、夜間は入金できないとか、決済サービスの信頼性が怪しいので使うことが怖いとか、送金拒否されるとか…

キリがないほどトラブルが多いのがこの入出金です。

暗号資産での入出金

1xBitなどのブックメーカー / オンラインカジノでは、入出金に暗号資産を利用することができます。

暗号資産とはBitcoin (BTC) や Ethereum (ETH)などのブロックチェーンを利用したネット上のお金です。一部例外を除き、特定の管理者を持たないこともその特徴として挙げられます。つまり、例え誰が止めようとも、その送金を止めることは不可能なのです。

また、すべての送金記録はブロックチェーン上に保存されます。

そのため、24時間非常に低コストな手数料で瞬時に送金することができ、着金も非常に迅速です。

また、特定の誰かがブロックチェーンを運用しているわけでもないので、その暗号資産が無くなったり動かせなくなるということは発生しません。

あなたの持っている暗号資産は完全に誰も干渉することのできないあなただけのものなのです。

先ほど挙げた1xBitでは暗号資産を暗号資産のまま利用 (ベット) することが可能なので、為替手数料も発生しません。

暗号資産銀行送金
送金手数料無料~数百円高額
為替手数料不要高額
送金速度高速低速
送金拒否0%高頻度
匿名性高い無し

暗号資産の特性を利用してさらにお得に安全に…

暗号資産は運用することのできるものです。そのため、例えばレンディングサービスで貸し出して利息を得たり、さらにはその利息を利用してカジノで遊んだりするなんてことも可能です。

また、暗号資産は非常に高度なセキュリティ上で簡単に管理することが可能です。

各暗号資産にはウォレットというものが存在します。暗号資産はそのウォレットで保管することが可能です。

すべてのウォレットにはそれに紐づいた秘密鍵が存在します。秘密鍵とは銀行でいうところの暗証番号とキャッシュカードのようなものです。この秘密鍵を持っている人がその暗号資産を管理することができます。

逆に言えば、秘密鍵さえ大事にしていれば絶対にその資産は盗まれることはありません。

暗号資産は非常に安全な資産です。さらに匿名的な特徴も持つため、あなたがブックメーカーやオンラインカジノに送金したことが第三者に知られることもなく、プライバシーが守られます。

特定の運営者を持たないため、決済サービスや銀行のように、どこかの会社が潰れて出金できなくなった!なんてこともあり得ません。

暗号資産を入金するのにおすすめのブックメーカー/オンラインカジノ

どこのブックメーカーやオンラインカジノでも暗号資産の入出金が可能なわけではありません。

さらに、入金した途端に勝手にUSDやEURに交換されてしまうとここで為替手数料が発生したり、入出金の際にいくら儲かったかがわかりづらいため不便です。

そこで、ベットでもそのまま暗号資産を利用できる1xBitが筆者のおすすめのブックメーカー/オンラインカジノとなります。

1xBitは40種類以上という非常に多くの暗号資産に対応している唯一のブックメーカー/オンラインカジノです。

プラットフォームやオンラインサポートは日本語にも対応しており、英語が苦手な方でも困ることはありません。

また、流行りのe-Sportsを含む非常に多種多様なスポーツやカジノゲーム、スロット、くじ、1xGamesと呼ばれる独自のゲームなどを取り扱っており、飽きることもありません。

今日はサッカーの試合があるから、日本を応援するために日本にベット!

その後はちょっとルーレットで一休み、休日は競馬で熱中、ちょっと忙しいからその間は一旦出金してレンディングサービスで貸し出して利息を得る…なんてことも1xBitなら可能なのです!

また、最大7BTCの入金ボーナスも用意されており、新規登録後は特にお得に遊ぶことが可能となっています。

今大人気のブックメーカー / オンラインカジノである 1xBit を是非お試しください!

新規登録も瞬時に可能です!

最後に

今回はブックメーカーやオンラインカジノの入出金に暗号資産がおすすめの理由について解説しました。

1xBitは40種類以上という非常に多くの暗号資産に対応しているいるのでとても始めやすいと思います。

この機会にぜひ始めてみてはいかがでしょうか?

公式twitter

✅公式サイト