Hash Gameとは?Web3.0を活用したブロックチェーンゲームの詳細・遊び方を徹底解説
当記事はこんな方におすすめ…
  • Web3.0 × ブロックチェーンゲーム「Hash Game」について知りたい方
  • 安全性を確認したい方
  • プレイ方法を知りたい方

ブロックチェーン技術を活用したブロックチェーンゲームをご存じでしょうか?

アメリカや中国で爆発的に流行り、先日、日本版もリリースされた「Hash Game」について解説していきます。

Web3.0にしか実現できない利点がありとても魅力的なので、興味のある方はぜひ読み進めてください。

Hash Gameとは?

まずはHash Game詳細のまとめをご覧ください。

Hash Game詳細
プロジェクト名Hash Game
チェーンTRX(トロン)
公式サイトhttp://bit.ly/3EqEgaU
Twitterhttps://twitter.com/Web3_HashGame
テレグラムhttps://t.me/hashgame24co
Hash Gameとはブロックチェーン技術を活用したブロックチェーンゲームです。

シンプルなルールで、絶対に不正ができないシステムということもあり、アメリカや中国で爆発的に人気がでました。

今現在(2022年10月2日)、毎月20憶円の流通があります。

ゲームの勝敗はプロジェクト名の通り、ハッシュ値(トランザクションID)を使います。ハッシュ値は完全ランダムに生成されるので、絶対に不正ができないという利点があります。

えーさまえーさま

ハッシュとは、データを通信する際に取引データを英数字の羅列に暗号化する技術のことです。
主にデータの偽造や破損のリスクを防ぐための技術で、暗号化するための計算式を「ハッシュ関数」、そして、暗号化された英数字の羅列を「ハッシュ値」といいます。ブロックチェーンの技術であり、「Hash Game」運営が操作できるものではありませんので完全公正と言えます。

※ハッシュ値(トランザクションID)の例 :

こちらの画像をご覧ください。

こちらはSafePalウォレットの送金履歴です。赤枠が送金時などに生成されるハッシュ値(トランザクションID)です。

このハッシュ値の下一桁の数字で勝敗が決まるといった具合です。

ゲームは複数ありそれぞれルールが違いますので後ほど解説します。

Hash Gameの安全性について

ブロックチェーンゲームを利用する上で1番大事なのは安全性ですよね。

従来のオンラインカジノなどのゲームは、運営によっては出金拒否を受けたり、ゲーム中に不正が行われていてもわからないというリスクがありますが、このWeb3.0を活用した「Hash Game」はこれらの懸念点をすべて解消することができます。

なぜそのようなことが可能なのか?以下で解説します。

安定感のある運営力

Hash Gameの運営はWeb3.0・金融のシステムを世界中に提供しており、すでに多くの実績がある会社です。

地道な努力を積み重ねている運営でキャリアは豊富です。

Hash Gameは莫大な資金力、レベルの高い技術開発力、経験豊富なスタッフを有し、業界では高い評価を得ていてます。

セキュリティと信頼性

ユーザーの個人情報や財産が不正に流出することはありません。

そもそも登録に必要なのはメールアドレスとTRXチェーンのアドレスのみで、その他個人情報は一切必要がないです。

また、ゲーム毎に指定のアドレスへ送金するというBET方法なので、事前に入金(チャージ)する必要はなく、ウォレットをコネクトする必要もありません。その為ハッキングリスクがないです。

そして、勝ち分(賞金)は賞金プールからその都度自動的に送り返してくれるので、従来のオンラインカジノサービスのように出金申請をしたり、口座凍結に怯える心配もありません。

従来のオンラインカジノサービスの懸念点をすべて解消していますね。とても画期的ではないでしょうか。

処理スピードが超高速

TRX(トロン)チェーンは処理速度が超高速なため、スピーディーなプレイが可能です。

分散型デジタルウォレット1つあればすぐゲームに参加でき、いつでもどこでも遊べます。

賞金は10秒以内に自動的に送金されます。(ウォレット反映まではもう少し時間がかかります。)

私も実際に何回もプレイしましたが、慣れてくると10秒に2回くらいプレイが可能です。自動システムなのでディーラーチェンジもなく24時間プレイ可能なので無駄な時間が一切ありません。

ゲームの結果はハッシュ値を見るだけなので、勝敗は1秒あればわかります。

すごいスピード感ですよね。

透明性

先ほども記載しましたが、勝敗基準にハッシュ値(トランザクションID)を利用しているため、絶対に不正ができません。

ブロックチェーン技術を活用しているため、勝敗結果は誰にでも確認することができます。また、運営の賞金プールにどれくらいの資金が入っているかも確認できるので、そこはブロックチェーン技術ならではの利点ですね。

非の打ち所がないくらい透明性が高く、公正だと言えますね。

Hash Gameの遊び方・ルール

では、早速Hash Gameの遊び方・ルールを解説します。

遊び方の簡単な流れとしては、、

  1. アカウント登録
  2. TRXかUSDT(TRC-20)を用意
  3. 指定のアドレスに送金
  4. ハッシュ値を確認

となります。

以下ルールになります。

POINT

・ハッシュ値(トランザクションID)下〇桁で勝敗を判定
・勝利した場合は自動で賞金が送られてくる
・オッズは1.75倍

えーさまえーさま

オッズとは人気を示す数値であり、賭けられている金額が多いほど当選時の賞金は低く、賭けられている金額が少ないほど当選時の賞金が高くなるという性質をもっています。ですがHash Gameの場合、1ゲームのオッズは一律で、単に賞金倍率のことを指します。

そして!!

皆さんに知っていただきたいお得な情報があります!!

  1. 特別リンクから登録するとオッズが1.8倍になる(回数制限なし)
  2. 登録後1日以内に1000TRXを賭けると200TRX付与

通常のオッズは1.75倍ですが、以下の特別リンクから登録するとオッズが1.8倍になります。

激アツですね!

勝利時の賞金が5%も上がりますので必ず以下のリンクからご登録ください。

\今すぐお得にプレイする/
Hash Game公式サイト
オッズ5%UP特別ページ

そして登録後、1日以内に1000TRXを賭けると200TRX付与されるという特典があります。

1000TRXを賭けるのって案外簡単にクリアできますよ。興味のある方は試してみましょう。

ではこちらの特典も含めHash Gameの遊び方を以下で解説していきます。

登録

まずは以下の特別リンクから登録します。

\今すぐお得にプレイする/
Hash Game公式サイト
オッズ5%UP特別ページ

赤枠の必要情報を入力し「Register Now」を押すと登録完了です。

本人確認を必要とせず、登録は1分ほどでできます。

登録が完了したら、特典を受け取るために公式テレグラムへ入りましょう。

※テレグラムに入るだけで特典が手に入ります。特に設定はなくそのままプレイするのみです。

TRXを用意(USDT)

登録が完了したら次にTRX(トロン)を用意しましょう。

USDTでも遊べますが、ガス代確保のためTRXは必ず入れておくようにしましょう。

TRXは有名なトークンなのでいろんな取引所に上場していますが、私はMEXC取引所で購入することが多いです。

\MEXCをお得に利用する/
MEXCの
公式サイトはこちら

たくさんのトークンが取引可能で、日本語にも対応しているのでおすすめです。

より詳しくTRX(トロン)の購入方法を知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

購入後は分散型デジタルウォレットへ送金してください。私はSafePalウォレットがおすすめです。

※取引所の口座からプレイすることはできません。

指定のアドレスに送金

では実際にBETしていきます。

ゲームを1つ押します。

するとベットアドレスが表示されます。こちらが送金先のアドレスです。

アドレスをコピー」をクリックします。

分散型デジタルウォレットを開き、「TRX」をタップします。

送る」を押します。

先ほどコピーしたアドレスとBETする枚数を入力し、「次へ」をタップします。

枚数を確認し「送る」をタップします。

送金が完了したら赤枠をタップします。

今回ははずれでした。。※勝敗基準は後ほど解説します。

勝つとこのように賞金が自動で送られてきます。

遊び方まとめ(動画あり)

遊び方のイメージとしてはこんな感じです。慣れてくるとこれくらいのスピード感で遊べます。

送金間違いだけはお気を付けください。

では、以下でゲームの種類を解説します。

ゲームの種類・ルール

現時点でゲームの種類は3種類あります。

ゲームの種類
  1. BULL BULL
  2. SINGLE DOUBLE
  3. LUCKEYTAIL

オッズの倍率が違うゲームも今後開発されていくことが予想されます。

公式サイトはこちらです。

BULL BULL

ゲームルールはこちらです。

ゲームルール

・BET可能枚数…10~20000TRX or 1~2000USDT(TRC-20)
・オッズ1.75%
・指定のアドレスに賭けたい枚数を送金しBET完了
・ハッシュ値の下5桁で勝敗を判別
・バンカーとプレイヤー(あなた)が存在する
・バンカーはハッシュ値の下3桁を足し、プレイヤーは上3桁を足す

・数字は1が最小0が最大。10以上になる場合は下1桁の数字で判断(例 : 17→7)
・アルファベットは0とカウントする

・数字の大きい方が勝利
・同点の場合、1~2はバンカーの勝利、それ以外は大きい英数字が入っている方が勝利。それも同じの場合は元金払い戻し

かなりシンプルなルールですが、文字だと想像がつきにくいので以下画像をご覧ください。

※ゲームをプレイする際に送金するアドレスは公式サイトをチェックしてください。

SINGLE DOUBLE

ゲームルールはこちらをご覧ください。

ゲームルール

・BET可能枚数…10~20000TRX or 1~2000USDT(TRC-20)
・オッズ1.75%
・指定のアドレスに賭けたい枚数を送金しBET完了
・ハッシュ値の下1桁とBET枚数の下1桁で勝敗を判別(小数点以下は対象外)
・1、3、5、7、9はシングル、0、2、4、6、8はダブルと分類する
・ベット金額とハッシュ値の下1桁がシングル、またはダブルで一致した場合は勝利
・ベット金額とハッシュ値の下1桁がシングル、またはダブルで不一致の場合は負け
・下1桁がアルファベットの場合は下2桁目の数字で勝敗を決める

とてもシンプルですね。先ほどと同様画像をご覧ください。

ベット金額とハッシュ値の下1桁がシングル、またはダブルで一致した場合は勝利というルールなので勝利確率は50%ですね。

不正のない50%、、魅力的じゃないですか?

※送金先アドレスはゲームによって違いますので間違えないようにお気を付けください。

LUCKEYTAIL

まずはゲームルールをご覧ください。

ゲームルール

・BET可能枚数…10~20000TRX or 1~2000USDT(TRC-20)
・オッズ1.75%
・指定のアドレスに賭けたい枚数を送金しBET完了
・ハッシュ値の下2桁で勝敗を判別
・ハッシュ値の下2桁がアルファベットと数字の組み合わせなら勝利
・ハッシュ値の下2桁が「数字+数字」または「文字+文字」なら負け

3つのゲームの中で一番シンプルで分かりやすいかもしれません。以下例をご覧ください。

※送金先アドレスはゲームによって違いますので間違えないようにお気を付けください。プレイの間隔が空く場合は毎回アドレスを確認することをおすすめします。

よくある質問

勝ち続けたり負け続けたりするのはなぜですか?
第一に、何回も連続して当たらないのは小確率ですが、あり得る現象です。第二に、当たりと外れは完全にランダムなので少額で賭け続けることで平均的な勝率に近づけることができます。資金管理はご自身で徹底してください。

賞金の反映が遅れるのはなぜですか?
ブロックチェーン技術は、資金の安全性を確保するために、複数の計算、比較、確認が行われます。そのため、計算速度は遅くなりますが、安全性を確保するためには必要な過程です。


USDTでプレイする場合、どのチェーンのものを準備したらいいですか?
Hash GameはTRXチェーンのゲームなのでUSDTで遊ぶ場合はTRC-20をご用意ください。


賞金はどこからもらうのですか?
賞金用のウォレット(プール)があり、そこから自動で送られてきます。


間違ったアドレスに送金したり、間違った種類の通貨送金した場合はどうすればよいですか?取り戻すことができますか?
間違えた場合は取り戻すことができないのでご注意ください。

最後に

今回はHash Gameについて解説しました。

Hash Gameはブロックチェーン技術を活用しているため完全に公正で、スピーディなゲームが実現しています。

今回の話をまとめると、、

当記事のポイント(まとめ)
  • Hash GameとはWeb3.0 × ブロックチェーンゲーム
  • Hash Gameは安全性が高い
  • シンプルかつスムーズなプレイが可能
  • ゲームは3種類ある

とてもおもしろく中毒性のあるゲームですが、資金管理はご自身で徹底していただくようお願いします。

当記事はあくまでプロジェクトを紹介するためのコンテンツであり、プレイを強制するものではありません。

趣味の範囲で楽しみましょう!!