Bitget(ビットゲット)の入金方法を初心者向けに解説|手数料や注意点は?
えーさまえーさま

当記事は、、

・Bitgetに入金する方法を知りたい。
・複数の入金パターンを知っておきたい。
・Bitgetに入金するメリットを知っておきたい。

こういった方々におすすめです。Bitgetをうまく使いこなすと、ご自身の資産を増やすきっかけにもなるので興味のある方はまず入金方法から把握していきましょう。

Bitget(ビットゲット)は2018年にシンガポールで設立された仮想通貨の取引所です。

コピートレードができる少し変わった取引所で、取引高は世界で5本の指に入るほど大きな取引所です。

初心者の方や、海外取引所を利用したことのない方からすると、入金はハードルが高く不安を感じているかもしれません。

しかしご安心ください。

当ブログ管理人もBitget取引所は利用しており、よく入金と出金の両方を利用しています。その経験を踏まえて丁寧に解説していくので、興味のある方は読み進めてみてください。

登録がまだの方は以下のリンクから登録すると、お得に使うことができます。

\Bitgetをお得に利用する

【当ブログ限定特別リンク】ここから登録すると取引手数料10%オフ&最大565$を獲得できます。

Bitget(ビットゲット)の基本情報

会社情報
会社名Bitget
CEO Sandra Lou
設立2018年(シンガポールにて設立)
ユーザー数全世界120万人以上
従業員数200人以上
サポートsupport@bitget.com(日本語対応)
対応言語5言語(日本語、英語、中国語、韓国語、ベトナム語)
最大レバレッジ125倍(通貨ペアによって変動)

Bitgetの特徴は大きく分けてこちらの通りです。

Bitget(ビットゲット)の特徴

・日本語に対応
・コピートレードができる
・レバレッジ最大125倍利用可能
・ゼロカットシステムを採用(追証なし)
・ローンチパッドイベントの開催

以下で簡潔に解説します。ここでは要点だけ把握しておきましょう。

日本語に対応

Bitget(ビットゲット)は海外の取引所ですが、日本語に対応しています。

そんなに不自然な日本語もないので、使いやすい印象です。

海外取引所では、日本語に対応していないところも多くあるので重宝してます。

コピートレードができる

コピートレード(コピトレ)とは、自分がフォローしたトレーダーの売買をそっくりそのまま自動で行う機能です。

トレードの上手い人をフォローしておくと勝手に取引してくれるので自分がチャートの前で張り付いている必要はありません。

トレードが苦手な人、時間が取れない人にはおススメの機能です。

レバレッジ最大125倍可能

コインの種類にもよりますが、Bitget(ビットゲット)は最大125倍のレバレッジ取引が可能です。

高いレバレッジをかけると当然リスクも高まるので「利確・損切」のラインを設定しておくといいでしょう。

うまく活用できれば少ない原資で大きなリターンを得ることも可能です。

ゼロカットシステムを採用(追証なし)

ゼロカットシステムとは、レバレッジ取引をした際、損失額が投資額以下にならないよう制限するシステムのことです。追証(おいしょう)なしとも表現します。

つまり、100万円を投資し、120万円の損失が出た場合20万円の借金(追証)となり、支払う義務が発生するのですが、Bitget(ビットゲット)ではゼロカットシステムを採用しているため、0以下にならず借金が発生するリスクはありません。

自分が資金管理さえできていれば安心して取引ができるシステムです。

ローンチパッドイベントの開催

Launchpad(ローンチパッド)は、取引所に新規上場するプロジェクトのトークンが安くで買える取引所主催のトークンセールを指します。

上場直後は、基本的にローンチパッド時よりも高い金額に設定されているので、投資家はそれだけでも利益を上げられることが多いということになります。

2022/1/10、Bitgetで初となるローンチパッドが開催されましたが、上場後の価格はセール価格の10倍をマークしました。

今後もイベントとして人気が高まることが予想されますので、このイベントを目的に利用するのも一つの道です。

Bitget(ビットゲット)の入金方法3選と特典

では、Bitget(ビットゲット)に入金する方法と、入金時の特典を紹介していきます。

クレジットカード入金

Bitget(ビットゲット)ではクレジットカードで入金が可能です。

クレジットカード入金の利点は国内取引所を経由する手間が省ける点です。

手数料は購入額の3.5%~4.0%と少し高めですが、国内取引所→コイン購入→Bitget(ビットゲット)へ送金というルートでも大体それくらいの手数料がかかるので、手間が省ける分クレジットカードでの入金がおすすめです。

電子決済入金

Bitget(ビットゲット)では、Google PayやApple Payなどの電子決済に対応しています。

入金方法はクレジット入金とほぼ変わらないので以下で詳しく二つまとめて解説します。

ウォレットへ直接入金

最後はBitget(ビットゲット)のウォレットへ直接入金する方法です。

つまり、すでに保有している仮想通貨をBitget(ビットゲット)の口座へ入金するということです。

普段から仮想通貨に関わっていたり、すでに使える通貨を保有している人はこの方法が一番いいと思います。

以下で詳しく解説します。

初回入金特典を解説

Bitget(ビットゲット)へ初めて入金される方は、入金額の5%がキャッシュバックされます。(最大100USDTまで)

※特典を受け取るには契約口座への振り替えが必要になります。

えーさまえーさま

Biteget(ビットゲット)には現物口座と契約口座の2種類があります。入金すると現物口座に資金が入ります。(皆さんがよくコインを購入する時に使う口座です。)その後、振替機能で「現物口座」→「契約口座」へ資金を移動させます。(契約口座はレバレッジ取引などを利用する際に必要な講座です。)これで特典(体験金)の受け取りが可能です。体験金は「契約口座」→「現物口座」に戻すと没収されてしまうので、戻す前にトレードなどに使いましょう。

Bitget(ビットゲット)の入金準備と注意点

入金前に、準備と注意点があるのでご確認ください。

まずはアカウント登録&本人確認を済ませておこう

登録はもちろんのこと、本人確認も済ませておいてください。本人確認は基本5分ほどで完了します。

アカウント登録~本人確認などの各種設定はこちらの記事を参考にしてみてください。

銀行振り込みはできない?

Bitget(ビットゲット)は日本の銀行から入金する方法に対応していません。Bitget(ビットゲット)に限らず海外取引所のほとんどは日本円の入金ができなくなっています。

どうしても銀行振り込みがしたい場合は、「国内取引所で銀行振り込み」→「コイン購入」→「Bitget(ビットゲット)に送金」という流れになります。

Bitget(ビットゲット)へクレジットカード・ 電子決済 で入金する方法

まずは、クレジットカードでコインを購入するためにプロバイダー(仲介会社)への登録が必要です。

初めに登録しておいた方が後々スムーズなので、設定を済ませておきましょう。

プロバイダーに登録する

プロバイダーは「Mercuryo」という会社を使います。

スマホでもPCでも構いませんが、当記事ではスマホ画面で解説します。まずは↓のサイトにアクセスします。

※スマホの場合はアプリDL画面に飛ぶのでダウンロードしてください。アプリの画面を開くと以下のような画面が出てくるので「Terms of Service」を押します。

そして「Sign In」を押します。

➀ご自身のメールアドレスを入力し、②同意ボタンを起動し、③「Get code」を押します。すると以下のように5桁のコードが送られてきます。切り替わった画面に入力する項目があるので正確に入力してください。

※コードの期限は20秒しかありません。かなりタイトなので間に合わなかった場合は再送ボタンを押してください。

本人確認を行う

登録が終わると以下のよう雄な画面に移るのでJapanになっていることを確認し「Confirm」を押します。次に「Lets’ go」を押します。

Driver`s license」を選択し、右側の画像の場所に免許証の表裏を張り付け「NEXT」を押します。

表が上、裏が下です。「NEXT」を押したら次は自撮りの撮影に移ります。「I`M READY」を押します。

許可」を押した後指定通りに顔を動かしてください。それが終わったら審査を待ちます。(数分で終わります。)

このようなメールが届いたら本人確認完了です。

クレジットカードの登録

New Cardから画像の通り、必要情報を入力してください。

最後「Add card」を押すとクレジットカードの登録は完了です。

クレジットカードでコインを購入

現在、クレジットカードでの購入はPCからしかできないようです。(アプリ不具合のため)

その為、ここからはPCを使って解説します。アプリが復活し次第、こちの記事でもアナウンスさせていただきます。

➀仮想通貨の購入を押します。②購入金額を入力します。JPYになっていることを確認してください。

➂受け取り通貨を選択します。④Mercuryoの「購入」を押します。

完了」を押します。

もう一度「完了」を押します。

同意ボタンを起動させ「支払う」を押します。

先ほど登録したメールアドレスを入力し「コードを送信する」を押します。

赤枠に送られてきたコードを入力します。

先ほど登録したクレジットカードを選択し下の赤枠ボタンを押します。

これで購入完了です。

入金時の注意点は?

クレジットカードで入金する際の注意点はJCBカードが対応していないことです。VISAやMasterCardを使うようにしましょう。

また入金処理ができない場合がまれにあります。その場合、カードが海外決済に対応していない間合いがあります。違うカードを利用するか カード会社に連絡し使えるようにしてもらいましょう。

Bitget(ビットゲット)のウォレットへ直接入金する方法

次はすでに保有している通貨をBitget(ビットゲット)に移す方法を解説します。

Bitget(ビットゲット)の入金アドレスをコピー

まずは「入金」を押します。

次に入金したい通貨を選びます。今回はUSDTを入金します。

送りたいチェーンを選択し「コピー」を押します。

アドレスを入力し送金する

入金する資産が入っているウォレットまたは取引所を開き送金画面移ります。今回はSafePalウォレットで解説します。

先ほどコピーしたアドレスと同じチェーン(BEP20)を選択し、「送る」ボタンを押します。

先ほどコピーしたアドレスを張り付け、送りたい枚数を入力し「」を押します。すると、確認画面が表示されるので間違いがなければ「」を押してください。

Bitget(ビットゲット)に戻り入金履歴を見ると「ウォレット処理中」と表示されています。ここが「成功」になれば入金完了です。

入金時の注意点は?

アドレスやネットワークは絶対に間違わないようにしてください。

もし間違えてしまうと、送金した資金は Bitget(ビットゲット)の口座内には入りませんし返ってくることはありません。(ゴックスといいます。)

不安な場合は一度少額で入金を試してから本番の入金を行うといいでしょう。

結論、どの入金方法がおすすめ?

これに関しては、今お読みになっている皆さんの状況によるかと思います。

現在、仮想通貨を持っていない、もしくは使える仮想通貨がない方は「クレジットカードで入金」がおすすめです。最初の一回だけ設定しておけば、2回目以降はスムーズに購入ができるので手間もかかりません。送金ミスなどのリスクもとる必要がないので送金に慣れていない方にもおすすめです。

一方で、動かせる仮想通貨がある方は「Bitget(ビットゲット)のウォレットへ直接入金 」がおすすめです。なんといってもこの方法が一番簡単です。無駄な購入手数料を払う必要もないので、余裕のある方はこちらの方法で入金しましょう。

最後に

今回はBitget(ビットゲット)の入金方法を初心者向けに解説しました。

入金方法は皆さんに合った方法で行ってもらえばと思います。

Bitget(ビットゲット)はテレグラムやオープンチャットで日本人へのサーポートも充実しており、初心者の方からベテランの方まで安心して取引が行えます。

ぜひトレードやコピトレを使いこなしてください。

✅スマホ登録ページ
https://m.bitget.com/

✅PC登録ページ
https://www.bitget.com/

✅テレグラム
https://t.me/Bitget_JP

✅LINEオープンチャット
https://line.me/ti/g2/rQgX4c9lFqDxqoz2NMIzDuRdX6cnowvyACIqzQ?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default