【完全攻略】Bitgetのコピートレードを使う方法|設定方法やトレーダーを選ぶコツは?
えーさまえーさま

当記事は、、

・コピートレードについて知りたい。
・Bitgetのコピートレードを使う方法が知りたい。
・コピートレーダーの選ぶコツが知りたい。

こういった方々におすすめです。コピトレを使いこなすと自動で収益化も可能なので、興味のある方は是非ご覧ください。

Bitget(ビットゲット)は2018年にシンガポールで設立された仮想通貨の取引所です。

取引高は世界で5本の指に入るほど大きな取引所です。

Bitget(ビットゲット)最大の特徴であるコピートレードですが、、「Bitgetのコピートレードを使ってみたいけど方法がわからない・設定方法やトレーダーの選び方がわからない。」という方は多くいらっしゃると思います。

当記事ではBitget(ビットゲット)のコピートレードを使う方法について、イラストを交えて解説します。

登録がまだの方は以下のリンクから登録すると、お得に使うことができます。

\Bitgetをお得に利用する

【当ブログ限定特別リンク】ここから登録すると取引手数料10%オフ&最大565$を獲得できます。

Bitget(ビットゲット)の特徴

会社情報
会社名Bitget
CEO Sandra Lou
設立2018年(シンガポールにて設立)
ユーザー数全世界120万人以上
従業員数200人以上
サポートsupport@bitget.com(日本語対応)
対応言語5言語(日本語、英語、中国語、韓国語、ベトナム語)
最大レバレッジ125倍(通貨ペアによって変動)
Bitget(ビットゲット)の特徴

・コピートレードができる
・日本語に対応
・レバレッジ最大125倍利用可能
・ゼロカットシステムを採用(追証なし)
・ローンチパッドイベントの開催

まずはBitget(ビットゲット)の特徴について簡単に説明します。

コピートレードができる

こちら今回のお題ですね。

コピートレードができる取引所はほとんどなく、世界的に見てもBitget(ビットゲット)が一番有名です。

コピートレードについては以下で詳しく解説します。

日本語に対応

Bitget(ビットゲット)は日本語に対応しています。

海外取引所では、日本語に対応していないところも多くあるので重宝しています。

また、テレグラムやLINEオープンチャットでのサポートも手厚いので、安心して利用できます。

レバレッジ最大125倍利用可能

Bitgetは最大125倍のレバレッジ取引が可能です。(トークンによってかけられる倍数は違います。)

国内取引所だと最高でも2倍なので、海外取引所の方が効率よく利益を上げることが可能です。

興味のある方はリスクを理解した上で活用してみましょう。

ゼロカットシステムを採用(追証なし)

ゼロカットシステムとは、レバレッジ取引をした際、損失額が投資額以下にならないよう制限するシステムのことです。

つまり、100万円を投資し、120万円の損失が出た場合20万円の借金(追証)となり、支払う義務が発生するのですが、Bitget(ビットゲット)では0以下にならないため借金が発生するリスクはありません。

海外取引所の中でも、この機能を採用しているかどうかは枝分かれするところです。

特に大きくレバレッジをかける時にはほしい機能なので、重宝します。

ローンチパッドイベントの開催

Launchpad(ローンチパッド)は、取引所に新規上場するプロジェクトのトークンが安くで買える取引所主催のトークンセールを指します。

上場直後は、基本的にローンチパッド時よりも高い金額に設定されているので、投資家はそれだけでも利益を上げられることが多いということになります。

2022/1/10、Bitget(ビットゲット)で初となるローンチパッドが開催されましたが、上場後の価格はセール価格の10倍をマークしました。

今後もイベントとして人気が高まることが予想されますので、このイベントを目的に利用するのも一つの道です。

Bitget(ビットゲット)のコピートレードとは?

コピートレード(コピトレ)とは、自分がフォローしたトレーダーの売買をコピーして自動取引する機能です。

つまり設定だけしておけば自動的な収益が見込めます。

自動売買ツールではなく実在する人間の取引をコピーするので、トレーダー選びが重要になってきますね。

Bitget(ビットゲット)コピートレードまとめ

・トレーダーの実績が完全公開されている
・手数料が安い
・コピートレードができる通貨が豊富

以下でBitget(ビットゲット)のコピートレードについて解説します。

トレーダーの実績が完全公開されている

Bitget(ビットゲット)では、コピートレーダーの実績が事細かに公開されています。

トレード履歴や現在進行中のトレード(ポジション)、収益合計、損失件数、取引総数etc、様々な情報から判断することができます。これはユーザーからすると安心要素の一つなので、非常に利用しやすいですね。

色んな情報から自分に合ったトレーダーを探しましょう。

手数料が安い

Bitget(ビットゲット)のコピートレードは、発生した利益の最大8%がコピートレーダーに支払われます。利益が発生した場合のみ自動で支払われるので、損失を抱えている時は発生しません。

よってかかる手数料は、個人で取引した際に発生する取引手数料+コピートレーダーへの分配手数料(利益の最大8%)となります。

実際何時間もかけてトレーダーは仕事をしてくれるわけですから8%の手数料は安いのではないでしょうか。さらに手数料で損失を抱えることがないシステムなので、うまくできていますね。

そして、トレードに自信のある方はコピートレーダーとして登録するのをおすすめします。自分が利益を出すとフォローユーザーの利益最大8%が入ってきます。フォローしてくれるユーザーが増えたらかなりの額になるでしょう。例:ユーザーの100万円が200万円になった。利益は100万円なので、その最大8%の8万円が入ってきます。

自分が利益を出すだけでなく、フォロワーさんにも富を与えることができ、フォロワーさんの利益分から最大8%の報酬も手に入る。とてもやりがいのあるお仕事じゃないでしょうか。

分配手数料は最大8%と記載しましたが、コピートレーダーになるにはBitget(ビットゲット)の独自トークンBGBをロックアップする必要があり、そのロックアップした枚数に合わせて利益分配率が決まります。

コピートレードができる通貨が豊富

コピートレードができる取引所は本当に少ないです。できたとしてもBTCのみコピートレードが可能という取引所がほとんどです。

そんな中、Bitget(ビットゲット)はアルトコインの取引もコピートレードに対応しており、投資の幅が格段に広いです。トレーダー側、ユーザー側の両方にメリットがあると言えますね。

以下がコピートレードに対応している通貨一覧です。※ソース元 : 公式ページ

ご覧いただいた通り、取引ペアがかなり豊富ですね。最大レバレッジは取引ペアによって異なり最大50倍まで可能です。

Bitget(ビットゲット)コピートレードのメリット

では、実際Bitget(ビットゲット)でコピートレードをするとどのようなメリットがあるのかを解説します。

トレードが苦手でも利益を上げられる

仮想通貨の投資を行っていてもチャート分析ができる人は限られてきます。その上、仮想通貨は他の投資に比べかなり値動きが激しいのでチャート分析の難易度もトップクラスです。

そこで、コピートレード機能は重宝しますし、今後さらに普及していくでしょう。

先ほどもお伝えしましたが、Bitget(ビットゲット)ではコピートレーダーの実績がすべて公開されています。投資の中でもトップクラスで難しい仮想通貨界隈で生き残り、トレードで実績を上げている人と同じ取引ができるわけですから、需要も高まりますよね。

コピートレードは初心者の人やトレードが苦手な人におすすめの機能です。

えーさまえーさま

トレードは今まで何年も生き残ってきたプロ中のプロ達とリアルマネーの奪い合いをしているというマインドで挑んだ方がいいです。Bitget(ビットゲット)では代わりにトレードをしてくれる優秀なコピートレーダーが在籍しています。うまく使いこなせば大きな収益にもつながります。

時間がない人も利益を上げられる

全力で仮想通貨トレードに時間を使える人は一握りだと思います。ほとんどの人はサラリーマンや主婦だと思うのでなかなか時間が取れませんよね。

そんな人にもコピートレードはおすすめしたい機能です。

トレードとは時間も使いますし、精神力も必要です。その上トレードの勉強もしていかなくてはいけない。かなり疲れる作業だと思います。

コピートレードは優秀なトレーダーをフォローし設定しておくだけで勝手にトレードが進むので、収益の自動化にもつながります。「時間が取れない」に該当する方はコピートレードの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

トレーダーが豊富

他の取引所ではコピートレーダーが数100人しかいないのに対し、Bitget(ビットゲット)では10,000人以上のコピートレーダーが在籍しています。コピートレーダーが多いということはそれだけ自分に合ったトレーダーが見つかりやすいということです。

フォローした上で、自分と相性が悪いと感じたらすぐにフォロー解除も可能です。いろんなトレーダーを見ていきましょう。

自分に合ったトレーダーが見つかりやすいのもBitget(ビットゲット)の魅力と言えます。

USDTを原資にトレードが可能

レバレッジをかける時、多くの取引所ではBTC(ビットコイン)やETH(イーサリアム)を証拠金として利用する形になっています。それが原因で、利益を出したのにBTCやETHの価格自体が下落し、利益幅が取れなかったなどということはよくある話です。

Bitget(ビットゲット)ではUSDT(テザー)を原資とした取引が可能です。もちろんコピートレードも例外ではありません。ほとんど値動きしないステーブルコインなら暴落時の影響も受けにくく、比較的安定のある取引が可能になります。

Bitget(ビットゲット)コピートレードのデメリット

次にBitget(ビットゲット)コピートレードのデメリットを解説します。以下をご覧ください。

自分のトレードスキルは上達しない

当然ですが、全部自動売買になるのでご自身のトレードスキルは上達しません。

厳密にいえば売買タイミングなどは知ることができますが、なぜこのタイミングで購入し、売却したのか?チャートが何を示していて売買を進めているのかという点が全く分からないでしょう。

なので、コピートレードを利用しつつ、トレードの勉強をするというのも一つの手段だと思います。将来トレードがうまくなればコピートレーダーになり分配手数料を得ることもできるので、チャンスだと捉えチャレンジするのも一つの道ですね。

人気のあるトレーダーは利用できない時がある

コピートレーダーは、入金額に応じてフォロワー上限数が決まります。既に、上限数に達しているトレーダーはフォローすることができません。上位ランカーは満員になっている場合がほとんどです。

どうしてもその人をフォローしたい場合は空きを待つしかありません。コピートレーダーのフォローに空きができた時通知が来る機能もあるので是非活用してください。

選ぶトレーダーや設定によっては損失が出る

コピートレードはプログラムの自動売買ではなく、実在している人間のトレードをコピーしています。いかに優秀なコピートレーダーだったとしても何回かに一度はミストレードをします。まずはその点を深く理解しておきましょう。

そしてトレードの精度はコピートレーダーによって変わってくると言えます。

さらに投資金額も違うので、強制決算のタイミングも変わってきます。そういったリスクを管理するために、損切ラインや利確ラインの設定をしておきましょう。詳しくは以下で解説するのでご覧ください。

Bitget(ビットゲット)のコピートレードを使う方法

こちらではBitget(ビットゲット)のコピートレードを使う方法について解説します。

当然コピートレードの前に、取引所の登録と入金が必要になりますので、まだの方は以下の記事を参考にしてみてください。

✅Bitget(ビットゲット)登録について

✅Bitget(ビットゲット)入金方法について

では早速解説を始めます。

現物口座から契約口座へ資金を移す

入金後、コピートレードを利用するには現物口座から契約口座へ資金を移す必要があります。

資産」から「振替」を押します。すると資金振替のページになるので、通貨をUSDTに選択し移動させたい金額を入力します。

最後に「振替を確認」を押します。

以下の画像のように契約口座にUSDTが入りました。

※契約口座から現物口座へ資金を戻したい時は先ほどの資金移動ページで「USDT契約から現物まで」と設定し、移動処理を行うだけです。

コピーするトレーダーの選択

次にコピーするトレーダーを選択します。コピートレーダーを選ぶコツなどは以下で解説していきますので、まずは選択方法だけ把握してください。

まずは「コピトレ」項目に進み成績のいいコピートレーダーを選択します。

次に「コピトレ」を押します。

コピートレードの設定方法

ではコピートレーダーをフォローする前の設定について解説していきます。

取引通貨ペアの選択

まずは取引通貨ペアの選択です。特に取引されたくない銘柄がない場合はそのままで大丈夫です。

はずしたい銘柄がある時は、その銘柄を押すと外れます。

取引量の設定

この設定はかなり重要になりますので、よくお考えになってから設定してください。

まずは固定額と固定倍率について解説します。

CHECK

固定額…トレードを委任する際、取引額の上限を決めることができます。例えば、固定額を100USDTに設定するとします。コピートレーダーが500USDTの取引をした場合、フォロワー側は100USDTの取引に制限されます。

固定倍率…自分の取引額を一定の比率に設定できます。例えば2倍に設定したとします。トレーダーが500USDTの取引を行った場合、フォロワー側は1000USDTの取引が行われます。0.5倍に設定しておくと250USDTの取引となります。

赤枠の部分で設定が可能です。固定額か固定倍率化を選び、金額を入力してください。

この設定は資産管理の観点からとても重要な設定だと言えます。

自分の資産を守るためにも、各自に合った設定が必要です。

リスク管理設定

ここではリスク管理の設定が行えます。

リスク管理項目

・損切り比率…自分の損切ラインの設定が可能
・利確比率…自分の利確ラインの設定が可能
・最大フォロー…設定した金額以上の取引はコピーオーダーできないような設定が可能

このように、自分の資産管理設定が可能になります。

設定を行わなければコピートレーダーに損切り・利確ラインを合わせることになります。自分の資産に合わせて設定してください。

最後に「フォロー」→「確認」を押したら完了です。実際コピートレーダーが取引をした際にコピーされます。

コピートレーダーの選び方は?利用上の注意点も解説

コピートレードを利用するにあたってトレーダー選びがすべてと言っても過言ではないです。コピートレーダーの腕次第で発生する損益は大きく変わるので、いろんな項目を確認して慎重に選びましょう。

そして、利用するにあたっての注意点も解説していきます。

確認しておきたい項目は?

コピートレーダーを選ぶ際に確認しておきたい項目は「開示されている項目すべて」です。

自分の資産に関わることなので当然です。できるだけ情報を集めてからトレーダーをフォローしましょう。以下、確認項目です。

確認項目

・各チャートの確認(ROI、収益合計、取引銘柄、ポジション期間、取引量)※過去30日まで確認可能
・データの確認(ROI、注文数、フォロワー数、収益合計、利益件数、損失件数)※過去3週間まで確認可能
・オーダーの確認(オーダー履歴、現在コピー中のオーダー)
・登録してからの日数確認
・フォロワーの上限数確認

「項目すべて」と言われてもピンとこないかもしれないので「収益合計・コピー中のオーダー・登録日数」は重点的に確認してください。

現在コピー中のオーダー」を確認する理由は以下で解説します。

見せかけの収益に騙されるな

一見利益を上げているように見えるトレーダーも実は含み損を抱えていて、利益を上げていないパターンがあります。以下の画像をご覧ください。

収益合計はプラスなので、一見優秀なトレーダーに見えますが、画像右側「現在コピー中のオーダー」を確認すると含み損を抱えたまま決済していないオーダーがたくさんあります。つまり、決済していないオーダーは収益合計に加算されていないので、利益を上げているような演出が可能なわけです。

このようなカラクリに騙されないよう「現在コピー中のオーダー」は確実に確認するようにしてください。

複数のコピートレーダーをフォローする

コピーできるトレーダーは一人だけではありません。リスク管理の一つとして複数人のトレーダーをフォローしておくのがおすすめです。

なぜ複数人フォローすることでリスク管理につながるかというと、優秀なトレーダーでも数回に一度はミストレードをするものです。一人のトレーダーにフルベットしてしまうと、設定によっては一回のトレードで全資産を失う可能性があります。よってトレーダーは複数人フォローしておき、トレードできる上限金額も決めておくと比較的低リスクで運用ができるでしょう。

まずは小額からコピートレードを利用しましょう。結果が出ないトレーダーはフォローを外していき、結果が出て信頼できると感じたトレーダーにはトレードできる上限金額を上げていけばいいのではないでしょうか。

最後に

今回はBitgetのコピートレードを使う方法を解説しました。

コピートレードはうまく利用すると大きな利益を上げることができますが、その反面トレードを行うのは生身の人間なのでミストレードをすることも考えられます。そういったことを想定してリスク管理を行う必要があります。当記事で紹介した設定方法や注意点はリスク管理につながりますので是非参考にしてみてください。

✅スマホ登録ページ
https://m.bitget.com/

✅PC登録ページ
https://www.bitget.com/

✅テレグラム
https://t.me/Bitget_JP

✅LINEオープンチャット
https://line.me/ti/g2/rQgX4c9lFqDxqoz2NMIzDuRdX6cnowvyACIqzQ?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default